ヘアビューロン シリアルナンバー

正規品のヘアビューロンを購入するとシリアルナンバーがついてきます。ヘアビューロンだけでなく、レプロナイザーやキュレイナの正規品にもシリアルナンバーがついてきます。

 

ですので、シリアルナンバーがついているヘアビューロンは正規品と思われがちです。しかし、シリアルナンバーがあるからと言って正規品とは断言できません。

 

つまり、

 

正規品のヘアビューロンにはシリアルナンバーがあるけれど、シリアルナンバーがついているヘアビューロンすべてが正規品とは限らないのです。

シリアルナンバーの役割

ヘアビューロンについてくるシリアルナンバーは、リュミエリーナが製造したことを証明すものです。
以前、ヘアビューザーというドライヤーが発売されたとき、偽物が大量に発生しました。

 

この時の偽物とは、形だけそっくりな模造品から、全く似ても似つかないドライヤーまで様々でした。
ぶっちゃけ、詐欺です。

 

そこで、偽物対策のために取り入れられたのがシリアルナンバーなんです。

 

シリアルナンバーは連番ではなくランダムな数字と、アルファベットが組み合わされています。
番号はリュミエリーナが保管しているので、シリアルナンバーを偽造しても、登録のない番号だとすぐに偽物だとわかるようになっているんです。

 

つまり、シリアルナンバーは偽物対策のためにあるのです。

非正規品とシリアルナンバー

でも、非正規品の判別にシリアルナンバーは有効ではありません。非正規品は、リュミエリーナの正規の販売経路以外から販売されているヘアビューロンです。
れっきとしたリュミエリーナで作られた商品なのでシリアルナンバーもついています。

 

だから非正規品のお店でも、

 

「シリアルナンバーがついている本物です」

 

っと言って売ることができます。

非正規品のヘアビューロンの何がダメなの

正規品のリュミエリーナの商品は流通経路が決まっています。直営店か正規販売店か、リュミエリーナと取引のある美容室でしか買えません。

 

非正規品は、そのどこかから購入されたものをを転売しているのです。

 

ちなみに、マーカーから見た場合、販売店から販売された時点で中古です。車で言うと登録された車と同じです。
未使用でも中古です。

 

非正規品の販売店は正規販売店ではありません。メーカーからの視点だと、正規販売店から非正規販売店にわたるまでの間に何かの細工がされるかもしれないというリスクがあるのです。

 

わざわざ、販売経路を管理しているのに、それ以外のところから販売されることはあり得ないのでサポートを引き受けてくれません。

 

ヘアビューロンは工業製品です。100%不良品の無い商品はないので、もしも不良品だったら目も当てられないとうわけです。

どうやったら正規品を買えるの

上にも書きましたが、正規品のヘアビューロンは販売経路が限られています。直営店か正規販売店で買えばいいのです。
直営店や正規販売店についてはこちらのページに書いているので参考にしてください。

 

ヘアビューロンの正規品を買う方法