ヘアビューロン4D

ヘアビューロン4D Plusという機種が発売されました

 

リュミエリーナさんは去年の秋にヘアビューロン2D Plusとヘアビューロン3D Plusを発売したばかりです。

 

ヘアビューロン2D Plusは、それまで発売されていた、ヘアビューロンカールの後継機種です。

 

ヘアビューロン3D Plusはヘアビューロン2D Plusの上位機種で、レプロナイザー3D Plusやキュレイナ3D Plusと同等のバイオプログラミング効果があるようです。

 

そして半年もたたずにヘアビューロン4D Plusの発売です。

 

ヘアビューロン4D Plusについて現在わかっている情報と考察してみたことを書いてみました。

 

ヘアビューロン4D Plusとは

 

今まで発売されてきたヘアビューザー、レプロナイザー、キュレイナには2、2D、3Dのナンバリングがされていました。

 

リュミエリーナの見解では、この数字が大きくなるほどバイオプログラミングの効果が強いとされています。

 

このヘアビューロン4D Plusはリュミエリーナのドライヤー、ヘアアイロンで唯一の4Dモデルです。

 

つまり、今回発売されたヘアビューロン4D Plusはヘアビューロンの最上位機種というだけではなく、レプロナイザーやキュレイナを含めて、バイオプログラミングの最上位機種となるのです。

 

去年の秋にヘアビューロン2D Plusとヘアビューロン3D Plusを発売した時にはカールアイロンだけでした。

 

しかし、今回のヘアビューロン4D Plusはストレートアイロンも発売されています。また、ヘアビューロン3D Plusのストレートアイロンも今年の夏に発売される予定です。

 

現在ヘアビューロン3D Plusストレートはヘアビューロンストレートの後継機種として発売中です。

 

ヘアビューロン4Dの正規販売店はこちら

 

 

ヘアビューロン4D Plusの価格は

ヘアビューロン4D Plusはヘアビューロンの最上位機種です。価格もヘアビューロン2D Plusとヘアビューロン3D Plusよりも高いのでしょうか。

 

現在発売されている商品の価格です。

  • ヘアビューロン2D Plus 27000円
  • ヘアビューロン3D Plus 37800円
  • ヘアビューロンストレート 37800円
  • ヘアビューロン4D Plusカール 48600円
  • ヘアビューロン4D Plusストレート 48600円

 

やっぱり高いですけどキュレイナよりは安いですね。

 

ヘアビューロン4Dとヘアビューロン2D、ヘアビューロン3Dの違いを比較

ヘアビューロンは現在2Dと3Dが販売されてます。無印は2Dの販売開始と同時に廃盤です。
ヘアビューロン4Dと2D,3Dの仕様を比較してみました。

 

 

ヘアビューロン2Dと3Dは白ベースにワンポイントで色をつけています。2Dが赤、3Dが青ですね。

 

ヘアビューロン4Dはグリップの部分がゴールド、アイロンの部分が光沢のある黒を使って高級感を出しています。

 

本体サイズ 消費電力 温風温度 電源コードの長さは3機種とも同じです。

 

本体サイズ
高さ350×幅59×奥行85mm 
バレル S-type 26.5mm L-type 34mm

 

消費電力 
46W±10%

 

温風温度
約40℃〜180℃

 

電源コード長
2.0m

 

ヘアビューロン4D、2D、3Dの寸法も消費電力も全く違いはありません。唯一重さだけが異なります

 

重量

S-type

  • ヘアビューロン2D Plus 394g
  • ヘアビューロン3D Plus 405g
  • ヘアビューロン4D Plus 427.5g

 

L-type

  • ヘアビューロン2D Plus 473g
  • ヘアビューロン3D Plus 495g
  • ヘアビューロン4D Plus 535.5g

 

重さが違う理由ははっきりしています。
バイオプログラミングの効果の違いです。

 

ヘアビューロン、レプロナイザー、キュレイナに搭載されているバイオプログラミングとは、特殊なセラミックから生み出される効果です。

 

つまり、この特殊セラミックの量が増えると、バイオプログラミングの効果も増加します

 

ヘアビューロン4D Plusはイチバン重たいのは、ヘアビューロンシリーズの中で最も効果があるからなんです。

 

ヘアビューロン4Dは買いなのか

ヘアビューロン4Dの性能は間違いなくヘアビューロンシリーズ最高です。ヘアビューロンを買うのならヘアビューロン4Dがいいのでしょうか。

 

もし、今までにヘアビューロンシリーズを購入したことがないのなら,ヘアビューロン4Dよりもヘアビューロン2Dのほうがおすすめだと思います

 

ヘアビューロン2D以降のヘアビューロンは業務用として使えます。つまり、ヘアビューロンは2Dでもプロの道具なんです。

 

ヘアビューロン4Dにいたってはプロ中のプロが使用する美容器具だと考えます。

 

一流の料理人の調理器具は高価ですよね。一流の技術を持ってるプロの料理人が最高の調理器具を使えば、最高の料理ができます。でも、一般の主婦がプロ仕様の包丁や調理器具を使っても使いこなせないことが多いですよね。

 

ヘアビューロンでも同じじゃないでしょうか。

 

プロの美容師さんはお客さんにアイロンをします。お客さんは座っていて、美容師さんは立ってます。だからアイロンは肩よりも下で取りまわすので、重さはあまり気になりません。

 

一方、一般ユーザーさんは自分の髪の毛にヘアビューロンを使います。なので、ヘアビューロンは肩よりも上に持ちあげて使います。

 

女性の筋力だと、持ち上げて使うと、少し重くなっただけで、すごく重たく感じます。重いと扱いにくくなるかもしれません。その結果腕が疲れて、アイロンをするのがしんどくなりますよね。

 

せっかく高性能でも、使いづらかったらその効果をすべて発揮できないかもしれません

 

ヘアビューロン4Dは高価なので、そんなことで使うのが嫌になったら目も当てられません。

 

だから、いままでヘアビューロンシリーズを使ったことがない人だったら、ヘアビューロン2Dのほうがおすすめです。

 

おすすめの理由は、

  • ヘアビューロン2Dもプロが業務で使用しても満足が行く性能を持っている
  • ヘアビューロン4Dよりも軽いので、取り回しやすい
  • ヘアビューロン4Dよりも2万以上安い

 

プロが使えばヘアビューロン4Dは2万以上の効果の差は確実に得られるでしょう。でも、一般ユーザーが使った場合、その効果を最大に引きだすことができないかもしれません。

 

だったら、ヘアビューロン2Dを購入して、それでも物足りなくなったらヘアビューロン4Dを買ったほうがいいんじゃないしょうか。

 

逆に、リュミエリーナがヘアビューロンを3種類出しているのも、エントリーモデルを使ってもらって、さらにバイオプログラミングの効果が欲しい人のために上位機種を出しているのだと考えます。

 

正規品のヘアビューロン2Dはこちら

 

ヘアビューロン4Dの正規販売店はこちら